犬用クールネックの効果的な使い方!暑さ対策おすすめ3タイプを紹介

暑い夏!散歩やお出かけの際に暑さ対策ができる犬用クールネックをご紹介します。

 

犬の夏場の散歩、暑すぎて熱中症にならないかな…

愛犬の体を冷やす場所、一体どこを冷やせば効果的なんだろう?

 

なのは
愛犬を想う飼い主さんにとっては、心配事はつきませんよね。

そんな屋外でも簡単に暑さ対策ができるのが犬用クールネックです。

 

私たち人間も暑い時に首を冷やすだけでとても気持ち良くなりませんか?それは犬も同じことなんです。

この記事では、クールネックの効果的な使い方と、おすすめできるクールネック3タイプを紹介して行きます。

それではよろしくお願いします。

 

暑さ対策の関連記事については、こちらでも紹介しています。あわせて読んで見てください。

スポンサーリンク

犬用クールネックの効果的な使い方

クールネックを使う際には、愛犬の首の前側を冷やようにすると効率的に使うことができます。

犬の首の前側には太い動脈があり、この部分を冷やすことで体温も下げられるからです。

 

なのは
ちなみに、首の後ろは皮が厚いので効率的に冷やせません。
また、クールネックは濡れた状態で使うため、愛犬の首が濡れて蒸れることも。皮膚病を引き起こす原因となってしまうので、使用時間や着けっぱなしには注意が必要です。

 

クールネックを効率的に使って、暑い夏から愛犬を快適に過ごさせてあげましょう♬

犬用クールネックは3タイプ!用途にあわせた選び方

犬のクールネックで販売されているものには以下の3タイプです。

 

  • 水で濡らすタイプ
  • 保冷剤を入れるタイプ
  • 冷やすタイプ

それぞれのタイプによって冷却時間や効果が異なります。

 

なのは
クールネックを選ぶ際には、これらの点に気を付けると良いですよ。

 

  • サイズがあったものを選ぶ
  • 冷たさが長持ちする
  • 着けるのが簡単

 

使い方によって、クールネックの選び方も変わります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

サイズがあったものを選ぶ

サイズがあわないものを選んでしまうと、激しい動きの際はズレてきますし小さ過ぎても首を締めつけてしまいます。

特に散歩の時に使うことが多いクールネック。愛犬のサイズにあったものを選ぶことが大切です。

冷たさが長持ちする

使い始めたは良いけど、すぐに冷却効果が薄れてしまっては、暑さ対策としてはあまり効果がありません。

保冷剤がたくさん入るものや、冷たさが長持ちする素材などひんやりキープができるものがおすすめです。

着けるのが簡単

散歩は毎日のことなので、愛犬にとっても飼い主さんにとっても着脱が簡単なものが良いですよね。

冷却効果とあわせて、選ぶ際には気を付けたいポイントのひとつです。

愛犬のほてった体を冷却!おすすめクールネック

ここからは、犬用クールネック3タイプの中でも私が特におすすめできるものについてまとめました。

なのは
クールネックを使って暑い夏を乗り越えましょう!

水で濡らすタイプ

出典元:amazon

まずはじめにご紹介するのは、水で濡らすだけで大丈夫なお手軽クールネックです。

水に濡らして軽く絞るだけ、ひんやり感が得られます。散歩途中であっても、公園などの水道水でこまめに濡せば何度でも使うことができるのが魅力的。

 

ただし、保冷剤タイプや冷やすタイプにくらべる冷却効果は劣るため物足りなさを感じるかも知れません。

なのは
私は、濡らしたまま冷蔵庫に10分程入れてから使うようにしています。

 

水さえあればいつでも使えるので、お散歩バッグの中に入れて使いたい時に使えるのが良いところです。

携帯用としてもとても重宝しますよ。

 

そう言った点でも、手軽さで言えば、3タイプの中ではもっとも使い勝手が良いと言えます。

また、装着時には簡単に着けられるものもあるので着脱時のストレスも軽くできますよ。

そんなおすすめできる、濡らすタイプのクールネックはこちらです。


保冷剤を入れるタイプ

出典元:amazon

凍った保冷剤をクールネックに直接入れることで冷却できるタイプのものです。

保冷剤には凍っても固くならないジェルタイプのものや、固くなるタイプのものもあります。

 

保冷剤の種類によっては持続力も異なりますが、凍った状態から使用するので一気に愛犬の首元を冷やしてくれます。

なのは
使いはじめの冷却効果は抜群です!

 

しかし、外で散歩時に着けることの多いクールネックは時間ととも温くなって行きます。

保冷剤タイプであっても、20分〜30分もすれば冷却効果も薄れるので夏場の散歩時間も短めにする、予備の保冷剤を携帯するなどの工夫も必要。

それか予備の保冷剤を持つのも良いです。

 

また、保冷剤によく使用されるエチレングリコールと言う物質には注意が必要です。

ワンコが口に入れてしまうと危険な物質。万が一のことを考え、エチレングリコールが含まれない保冷剤を使ってあげましょう。

 

そんなエチレングリコール不使用、首元の前方も囲える固くなりすぎない保冷剤を使ったクールネックがこちらです。


冷やすタイプ

出典元:amazon

クールネックをそのまま冷やすものもあります。冷蔵庫または冷凍庫に直接入れて、冷えたら愛犬の首に装着するタイプ。

そんな冷やすタイプのクールネックについて、おすすめできるものを紹介させていただきます。

 

商品名は、株式会社WIZが販売するSUO(スオ)と言うもの。

 

このSUOの素材は、宇宙服や医療現場でも使われる特殊な植物性由来の冷却素材。28度以上で溶け、28度以下で固まる特徴を持ちます。

 

冷蔵庫で15~20分、冷凍庫では10分程度で冷却素材は固まるので短い時間で何度でも使うことができますよ。

なのは
それに、結露で濡れないところがとても良いんです。

 

SUO自体が28度以上にならなければ、冷却素材はずっと固まったまま。ひんやり感が持続してくれます。

 

また、本体も軽くてカラーバリエーションも豊富。

サイズ展開も【XS〜L】までと幅広く取りそろえられているので、飼い主さんにとっても嬉しい限りです。

 

冷やすタイプのクールネック【SUO】はこちらから。

クールネックを購入できるオンラインショップ

こちらでは、愛犬に役立つひんやり犬グッズを揃えるオンラインショップについてもご紹介します。

クールネック以外にもたくさんの商品がラインナップされているので、あなたのお気に入りを探してみてくださいね。

 

なのは
今回、紹介したクールネック以外にも夏グッズを探すならチェックです♫

IDOG&ICAT

カテゴリページ(熱中症対策グッズ)出典元:IDOG&ICAT

自社生産によって、犬の服も作り販売も手掛けるブランドです。様々な犬グッズを扱っていて商品も充実しています。先ほど保冷剤を使うタイプでも紹介した、クールネックも取り揃えています。ひんやりグッズや寒さ対策グッズも充実。オールシーズン通して選べるオンラインショップはとても嬉しいです。

\公式サイトはこちらから/

カテゴリページ(プチプラセール)

PEPPY

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』出典元:PEPPY

多くの犬グッズを揃える大型ペットショップです。【PET】+【HAPPY】=【PEPPY】と名付けの由来があるくらい、愛犬と飼い主さんの暮らしを考えるペット用品を取り揃えています。こちらのオンラインショップもクールネックから様々な犬グッズを取り揃えています。ぜひ参考にしてみてください。

 

\公式サイトはこちらから/犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

まとめ

以上が、散歩やお出かけに役立つ暑さ対策のクールネックの紹介となります。

 

暑い夏、愛犬の首元を冷やすだけでもひんやり感を感じさせてあげることができます。

その際には、首の後ろではなく前方を冷やしてあげるようにしましょう。

暑さ対策をしっかりして夏を乗り越えたいものですね!

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう