トイプードルの適温!冬の室内温度は?犬が寒いと感じる温度って?

犬が寒いと感じる温度は何度かな...トイプードルが寒さを感じのは何度だろう?

わが家では室内での留守番が多い...だから、愛犬のトイプードルに合う冬の適温が知りたいな。

 

冬は、室内でも室温は低く暖房器具なしでは過ごせません。愛犬に最適な冬の室内温度、把握しておきたいですよね。

この記事で分かること

  • トイプードルが過ごす冬の室内温度は20℃〜25℃がベスト
  • トイプードルは寒さに弱い犬、冬の室内温度(適温)を整えることが大切さ
  • 犬に最適な温度を保つエアコンの使い方

特に留守番が長くなるほど、愛犬の体調だって気になります。

なのは
実はわが家も共働き。冬の室内環境には気を配っています。
この記事を書く私は、愛犬トイプードルと暮らし始めてから長い月日が経ちました。

私が愛犬と暮らす中で便利と感じた犬グッズや情報についてご紹介しています。お役立てください!

本記事では、私が実際に感じて来たモヤモヤする悩みをもとにお伝えしています。

 

もし、あなたの悩みと異なる内容なら、こちらを参考にしてください!

なんと登録無料であなたと同じ飼い主さんに気軽に相談できちゃいますよ。あのユニ・チャームが運営する犬猫Q&Aサイトです〜。

スポンサーリンク

【結論】トイプードルに最適な冬の室内温度は20℃〜25℃が適温

トイプードルが、冬場の室内を快適に過ごせる温度は20℃〜25です。

トイプードルは寒さにも弱い犬種!寒がりなので、夏場だけでなく冬の室温管理も必要です。

なのは
ちなみに、室内の乾燥を防ぐために湿度は約50%前後をキープするのがベストですよ。

最適な室内温度・湿度

  • 室内温度は、20℃〜25℃
  • 室内湿度は、約50%前後

あおい
ちなみに、暖房器具は以下のものがありますよね。
  • エアコン
  • 電気・石油ファンヒーター・ストーブ
  • オイルヒーター
  • 電気・石油ストーブ

それぞれの器具を使う際には、愛犬に危険がないように使用することが大切です。

シングルコートのトイプードルは寒さが苦手!冬の室内温度は暖かくする

トイプードルが寒さに弱いのは、シングルコートと呼ばれる被毛を持つ犬種だからです。

シングルコートを持つ犬種は、もともと暖かい地域で改良されて生まれた犬であるため、寒冷地で生まれた犬種に比べ寒さに弱い特徴があります。

ちなみに、寒冷地で生まれた犬種はダブルコートと呼ばれる被毛を持っていますよ。

基本的に犬の毛は、一つの毛穴からオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)と呼ばれる2層の毛が生えています。

 

オーバーコートとアンダーコートの違い
オーバーコート
紫外線や刺激から皮膚を守ることができる毛
アンダーコート
体温を保つことができる毛

シングルコートの犬種はオーバーコートが多くアンダーコートが少ない特徴にあり、ダブルコートの犬種はオーバーコートとアンダーコートの密集率が高い特徴にあります。

 

つまり、シングルコートを持つトイプードルは体温を保つアンダーコートが少ないため寒さに弱いと言うことです。

なのは
シングルコートの犬種は寒さに弱く、毛が抜けない代わり伸び続けます。

どんな犬にも毛があるから暖かいと思いがち。ですが、シングルコートを持つ犬種は寒さが苦手なのです。

愛犬トイプードルの適温は、エアコンで冬の室内温度を保とう

愛犬の留守番時に室内温度を保つためには、温度調節ができる安心安全性が保てるエアコンがオススメです。

なぜなら、愛犬の暖房器具への接触、火災の発生などの危険性から身を守りやすくなるからです。

 

特に共働きで長時間留守番させることが多い世帯にとったら、電気・石油ファンヒーターやオイルヒーター、電気・石油ストーブを使うよりも安心感が高いと言えます。

あおい
寒冷地ではエアコンだけでは間に合わないことも...。

 

なのは
エアコン以外のものを使うときは、安全性を再確認しましょう。

共働き世帯のわが家でも室温調節にはエアコンを使っています。

愛犬の留守番時にエアコンを使うメリットとデメリット

そんなエアコンを留守番時に使う私が、実際に使ってみて感じるメリットとデメリットについてまとめてみました。

エアコンを使うメリット

  • 火災の心配がなく安全
  • 接触しないので安心(小さい子供がいる世帯にも安心)
  • 燃焼させないので空気がクリーン
  • 自動運転で室内温度を調節してくれる
  • エアコン1台で暖房も冷房も使える
  • スマホでも室内温度が確認できる
  • 暖房器具では電気代が安い

 

留守番時にも安心してお出かけできる

エアコンは、火を使わないので長時間の留守番でも安全に使うことができます。

天井に近い所に設置させれているので、愛犬が何かの拍子に接触してしまうこともないですし、電気で暖かい空気を出すだけなので石油ファンヒーターなどのように燃える臭いも出ません。

自動運転を設定しておけば、一定の室内温度を保ってくれるのも便利です。留守番時の安心感は飼い主さんにはとても重要なことですよね。

 

最新のエアコンは多機能が満載

わが家では2年ほど前にエアコンを買い替えたばかりで、それまでは10年以上も古いエアコンを使っていました。

今のエアコンを使ってみると昔のものとは格段に性能が上がっていて、省エネ性能が付いていたりフィルター自動洗浄など本当に多機能で驚かされます。

 

おまけにスマートフォンに連携させることで、外出先からでも室内温度と湿度も分かってしまいます。もちろん遠隔操作も可能。

なのは
家電に詳しくない私でも今のエアコンは進化したと思わされます。

 

冬場だけでなくても夏場でも室内の環境、エアコンの運転状況も遠隔で操作できます。

共働きの世帯の環境下での留守番には、もって来いな機能が備わっていると感じます。

 

エアコンを使うデメリット

  • 室内の空気が乾燥しやすい
  • 愛犬のいる床下までは暖まりにくい

 

室内の空気が乾燥しやすい

エアコンを使うことで室内の空気が乾燥しやすくなるので、わが家ではバスタオルなど厚めの素材の洗濯物を部屋干したり湿度を上げるようにしています。

冒頭でも触れましたが、室内の湿度は50%前後を保つのが理想です。

 

なのは
わが家では加湿器は使っていませんが、室内温度を保つなら湿度の管理もセットで考えたほうが良いです。

犬も人間と同じで、乾燥すると皮膚や毛がガサガサになったり、呼吸器にも悪影響を与えてしまいます。体調不良も引き起こしてしまわないように注意が必要ですね。

愛犬のいる床下まで暖まりくい時の対策方法

    わが家では、サーキュレーターを使って室内の空気を循環させています。

    エアコンの空気を循環させることで、床下までの温度を一定に保つことができるからです。

     

    空気の特徴として、冷たい空気は部屋の下にさがり、暖かい空気は上に行くと言う特性があります。

    イメージとしてはこんな感じ。

    そのため、愛犬のいる床下近くまでエアコンの暖かい空気は循環しにくく、人は暖かいと感じていても実は愛犬まで暖かい空気が届いていないことが十分に考えられます。

     

    そのため、お部屋の中の温度を均一に保つために、お部屋の空気を混ぜるために循環させることが必要です。

    なのは
    そこで、わが家が実践しているのはサーキュレーターを使った空気の循環方法です

    具体的な方法はこのような感じで行っていますよ。

    天井に溜まった暖かい空気めがけて、下から真上にサーキュレーターを使って送風します。

    こうすることで、暖かい空気をお部屋に拡散することができます。

    あおい
    空気を循環させるんですね。

    ぜひ試してみてください。

     

    ちなみに、首振り・風量調整・タイマーが操作できるサーキュレーターなどたくさんの物が出てます〜。

    360° 自動首振り機能のある、私がオススメできるサーキュレーターはこちらです。


    トイプードルに服を着せたら冬の室内温度を気にする必要はない?

    かと言って、寒さに弱いトイプードルに室内でも服を着せっぱなしにするのことは良くありません。

    なぜなら、このような体への負担をかけてしまうからです。

    • 皮膚が蒸れてしまい病気になる
    • 体温調節ができなくなる
    • 毛玉ができてしまう
    • ストレスを感じる

     

    室内でも防寒対策に服を着せてあげたい!そんな飼い主さんの気持ちとは反対に、悪影響となってしまうこともあります。

    なのは
    特にトイプードルは、皮膚に病気を抱える子が多い犬種です。

    シングルコートの被毛を持つトイプードルは、毛が抜けない代わりに毛玉になりやすいのが特徴的。

    毛玉ができてしまうと皮膚は常に引っ張られた状態です。さらに、皮膚への通気性が悪くなって蒸れます。そして、蒸れると汚れが溜まり菌が繁殖して、皮膚病になることが多く悪循環を繰り返してしまいます。

    できる限り服を着せっぱなしに過ごさせるよりも温度調節で室内を快適に保ってあげましょう。

     

    だけど、わが家のトイプードルには、沢山の可愛い服を着せてあげたい〜!そう思うのが親心と言うものですよね^^

    そんなとき、他の飼い主さんはどんな時に服を着せているのだろ?ってことも気軽に相談できちゃう、ユニ・チャーム運営のペットのQ&Aサイトがオススメ!

    会員登録は完全無料!登録するだけで、質問や回答のすべてがチェックできます!

     

    無料会員登録の方法は、こちらで詳しく紹介しています。

    ➣小さな悩みも相談OK!飼い主さんのための犬猫お悩み相談室DOQATを紹介!

    24時間いつでもどこでも相談できのるで、とても便利!私も良く利用してます〜♪

    まとめ

    ここまでが「トイプードルに最適な冬の室内温度は?服は必要?安全な寒さ対策を」の解説になります。

    愛犬の暖房器具への接触、火災の発生などの危険性から身をを守りやすいことを考えると、エアコンは安全で留守番時にも安心して使うことができます。

     

    この記事でお伝えしてきたことを、もう一度確認すると以下の通りです。

    • 室内温度は20℃〜25℃、湿度は50%前後にする
    • トイプードルは寒さに弱い犬種。冬場の室内環境を快適に保つ
    • エアコンを使う場合は、室内の空気を循環させる

    愛犬の体調管理のためにも、快適に過ごせる室内環境を整えてあげましょう。

     

    今回はここまでです。最後まで読んでいたただいてありがとうございました。

    スポンサーリンク
    コメントを残す

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    関連キーワード

    Twitterでフォローしよう