小型犬の散歩は週1回は少ない?回数より欲求を満たすことが重要な理由
「店員さんから小型犬は散歩は少なくても良いって言われました。」

「だけど、室内犬も散歩は毎日行った方が良いって聞く...一体どっちが正しいのかな?」

 

今回はそんな悩みについて解説していきます。

 

この記事を読むことで以下の内容が分かるようになります。

 

  • 小型犬の散歩は週1回では少ないことが分かる
  • 散歩で犬の基本的欲求を満たしてあげることが分かる
  • 散歩の役割を理解して連れてあげることが分かる

 

小型犬にとっても散歩の役割はとても重要です。

なぜ重要なのかを理解してあげると、散歩に連れて行くのも楽しくなります。

 

なのは
犬にとって散歩はとても重要。散歩で得られる欲求を満たすことが大事です。

 

ぜひ、あなたと愛犬との散歩にお役立てくださいね。

 

そんな私はトイプードルと暮らし始めて早くも8年が経ちます。

共に過ごす中で愛犬との絆も深くなり、ほとんどのことは気付いてあげられるようになりました。

 

このブログでは、トイプードルや小型犬の飼い主さんが感じやすい愛犬への悩みをもとお伝えしています。

 

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

【結論】小型犬には週1回は少ない!欲求を満たせてあげる散歩をする

小型犬には週1回の散歩ではなく、犬の欲求を満たしてあげられるようできるだけ多く散歩に連れてあげましょう。

 

ただし、単に散歩に連れて行くだけでなく、小型犬にとってなぜ散歩が重要なのかを理解したうえで連れてあげるのが良いです。

 

なぜなら、犬にとっては散歩はただ運動することではなく、匂いを嗅いだり、他の人や犬、新しいことに出会って情報収集したり社会性を養える場でもあるからです。

 

つまり、運動をしたい欲求(運動欲求)と、探索・触れ合い・縄張りを作るなどの行動をしたい欲求(行動欲求)のどちらも満たせることが良い散歩と言えます。

 

あおい
散歩は運動だけが目的じゃないんだね。

 

なのは
毎日散歩に行けなくても、中身のある散歩にしてあげることだと思うよ。

 

どちらの欲求も満たされないと、犬は欲求不満を抱え込んでしまい、吠えたり、噛んだりなど問題行動を起こすようになってしまいます。

 

散歩に時間が取れない共働き世帯の飼い主さんは特に、散歩の重要さを理解しできる限り連れてあげましょう。

小型犬の散歩で重要な基本的欲求3つ

 

散歩には、犬の運動欲求や行動欲求と言った基本的欲求を満たしてあげることが重要です。

 

この基本的な欲求を満たしてあげないと、散歩をしていても欲求不満からストレスを感じてしまうからです。

 

そのためには、以下の基本的欲求3つを満たせるかが必要になります。

 

  • 運動をさせてあげる
  • 情報収集をさせてあげる
  • コミュニケーションを取らせてあげる

 

ひとつずつ詳しく見ていきますね。

運動をさせてあげる

その名の通り、散歩で歩いたり走ったりして外で運動したい欲求を満たすことです。

 

家の中で体を動かすのとは違って、広い外の世界で地面を実感しながら体を動かせることはとても良い運動になります。

 

なので、思いっきり体を動かせてあげましょう。

 

ただし、その子によって運動量は異なるので散歩に使う時間や距離は愛犬に合わせて調節してあげるのが良いです。

 

あおい
子犬や老犬、持病のある子とか愛犬によって運動欲求の量も違うんだね。

 

なのは
散歩から帰ってきて、一息ついてる感じが見れたら運動は足りていると思っていいよ。

 

もちろん、散歩をすることで新陳代謝も良くしてあげることができ気分転換にもつながります。

情報収集をさせてあげる

小型犬に限らず、犬にとっては散歩途中に匂いを嗅いだり外の世界にある情報を収集する場でもあります。

 

このような情報収集は、行動欲求を満たすうえではとても大事なので飼い主さんは愛犬の欲求に答えてあげることが大切です。

 

例えば、他の犬のおしっこの跡の臭いを嗅いだり気になる匂いを嗅ぐことで、他にどんな犬が回りにいるのかなどたくさんの情報を集めることをしたがります。

 

しかし、興味のあるの匂いが嗅げない、飼い主さんが汚いと感じ中断されて匂いが嗅げないなんてことがあると、愛犬は欲求不満からストレスを感じてしまいます。

 

散歩は運動だけでなく、情報収集をする場でもあると理解して散歩をさせてあげると良いです。

 

なのは
拾い食い癖がある子だけは、変なものを食べないよう気を付けてあげましょう。

コミュニケーションを取らせてあげる

行動欲求には情報収集をする欲求のほかに、コミュニケーションを取りたいと言う欲求も含まれます。

 

犬は人や他の犬と触れ合い遊ぶことが好きな性質を持つ子が多く、コミュニケーションを取ることに楽しみを感じられる動物です。

 

なので、散歩途中での犬同士の交流や他の人との触れ合いは、家の中では感じることができない刺激となります。

 

もちろん、散歩での飼い主さんとのコミュニケーションは楽しいことばかりなので、できるだけ多く遊んであげることで絆だって深くすることができるのです。

 

コミュニケーションから散歩の楽しさを感じられれば、犬が持つ欲求は満たされると言えます。

週1回なんて言わないで!小型犬だって散歩が大好き

 

小型犬であっても、他の犬種同様に散歩は大好きです。

 

なぜなら、犬はもともと“狩りをする動物”で、その本能から来る欲求が散歩時の行動と狩りをする時の行動が似ているからです。

 

獲物を狩るために匂いを嗅ぎ、群れを作り遠くまで歩く、また獲物を追いかけ走り回る。

そんな野生の本能は、犬の遺伝子の中にも組み込まれています。

 

なのは
匂いを嗅ぎたい、何かを追いかけたい、
新しいものを探したいという散歩時の行動は本能なんですね。

 

もしかすると、

 

「散歩途中に何でこんなに匂いを嗅ぐのだろう?」

「急に走り出してビックリした!」などなど、

 

人間には理解できないことがあったとしても、犬はただ本能に従っているだけなのかも知れませんね。

 

そんな犬の本能の欲求に気付き散歩に連れてあげると、犬はいつも以上に散歩を楽しいと感じるでしょう。

“小型犬の散歩”無理して行かない日があっても良い

 

かと言って、「忙しくて毎日は散歩に行けない」と感じるときは、無理して行かない日があっても良いんじゃないかと私は思っています。

 

なぜなら、毎日散歩に行くべきと言うことを義務にしてしまうと、気が乗らない日でも行くことになってしまい散歩の質も悪くなってしまうからです。

 

さらに、その気持ちが愛犬にも伝わってしまうと散歩自体が楽しくなくなってしまいます。

 

そんな日は無理して散歩するのは止めて、お家の中で遊んであげましょう。

 

散歩の必要性を理解していたら、次の日に連れてあげた時に何をしてあげれば良いのかは分かると思います。

 

あおい
正直に言うと、疲れてて今日はめんどくさいって思う日もある...。

 

なのは
そうだとしても、散歩に行けない日の欲求不満を理解してあげることが大事。

 

ちなみに、私の愛犬は散歩に行きたい時は玄関のドアを前足でカリカリと擦りアピールし出します。

 

天気の悪い日や、どうしても行けない場合は家の中で「引っ張りっこ遊び」や「おもちゃの追いかけ遊び」などをして遊んでいますよ。

 

その代わりに、次の日は少し長めに散歩して昨日できなかった欲求の発散をさせてあげます。

 

飼い主さんにとっても愛犬にとってもに楽しい散歩ができることが良い散歩です。

 

散歩に重要なグッズの一つ、首輪とハーネスについてこちらでまとめました。

良ければあわせて読んでみてくださいね。

 

まとめ

ここまでが「小型犬の散歩は週1回は少ない?回数より欲求を満たすことが重要な理由」の解説となります。

 

毎日散歩に行けなくても、「散歩の重要性を理解し、犬の基本的欲求を満たしてあげる散歩をする」ことで愛犬に中身のある散歩をさせてあげることができます。

 

もう一度、ここまで解説してきたことをまとめると以下の通りです。

 

  • 小型犬の散歩は週1回では少ない
  • 散歩で犬の基本的欲求を満たしてあげる
  • 散歩の役割を理解して連れてあげる

 

飼い主さんも愛犬も散歩を楽しむことができる環境を作って行きましょう。

 

今回はここまでとなります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

それではまた。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう